本文へスキップ
流木の有効利用
ダム及び頭首工に流れ着く流木

   新宮川ダム流木  宮川ダム流木 
      新宮川ダムの大雨による流木                宮川ダムの大雨による流木
 毎年ダムには数トンに及ぶ流木が流れてくる(上写真)。流木はダム・取水設備・発電設備や放流設備の故障の原因ともなるので、早めに除去します。
収集した流木 流木を処理するには、一般廃棄物として処理することになります(左写真)。一般廃棄物として処理すると莫大なお金がかかってしまいます。
 しかし、その流木を一般廃棄物として処理するのではなく、流木を細かく砕いてチップ化し、リサイクル利用すると、利用方法は様々あります。その利用方法の主な例として、道等の敷材・果樹等の敷材・キノコの敷材・虫の成育場・堆肥‥など利用価値は高い。
チップの無料配布について
無料配布について
 
 ご希望の方は、ご連絡頂ければご提供できます。(積み込み・運搬は希望者負担となります)

 チップ化の様子    チップの大きさ 
      チップ化作業の模様                         チップの大きさ
平成24年の無料配布状況> 
 H24チップ配布
 平成24年10月4日に希望者に配布しました。
平成22年の無料配布状況
 
 H22チップ無料配布   H22チップ無料配布
 平成22年11月11日に希望者に配布しました。

平成19年の無料配布状況
 
 配布状況1   配布状況2
  平成19年8月2日の配布状況。


流木の有効利用

ダムに流れてくる流木の状況及びその有効利用について