本文へスキップ
管理施設
管理施設概要図
会津宮川土地改良区管理施設図

全域を1ページで見たい場合はこちら→会津宮川土地改良区管理施設図
新宮川ダムの概要     →さらに詳細
新宮川ダム概要書パンフレット(PDF1.95MB)
ダムの形式 重力式コンクリートダム 新宮川ダム
新宮川ダム
ダムの目的 農業用の利水ダム
流域面積    40.7 km2
堤高(ダムの高さ) 69.0 m(ダム天端標高EL 516.70 m)
堤長(ダムの長さ) 325.0 m
常時満水位   EL 513.20 m
最低水位   EL 481.70 m
総貯水量   10,320,000 m3
有効貯水量    9,300,000 m3
最大放流量 ジェットフローゲート(φ750 φ350) 8.822 m3/s
小水力発電 2.60 m3/s
取水施設 多段式シリンダーゲート
放流ゲート
  大口径主ゲート
  小口径主ゲート

φ750 ジェットフローゲート 1門
φ350 ジェットフローゲート 1門
洪水吐越流堤長 全面自由越流式 241.20 m
灌漑期間 4月11日〜9月10日まで
関連施設 係船・ゲート設備、新宮川ダム発電所
管理者 福島県(会津農林事務所)
○新宮川ダムの湖水の名称 … 「会津美里湖」
○外部サイト・・・一般財団法人日本ダム協会HP(新宮川ダム) 
新宮川ダム発電所     →さらに詳細
新宮川ダム小水力発電設備概要書パンフレット(PDF843KB)
水車設備
発電設備
発電設備
形式 横軸単輪単流渦巻フランシス水車 φ800
 運転範囲 Q= 0.65 m3/s〜 2.60 m3/s 最大水圧=96.0 m
  最大使用水量 常時使用水量
基準取水位 WL 508.00 m WL 497.00 m
総落差 54.80 m 44.40 m
使用水量 2.60 m3/s 0.65 m3/s
最大出力 1,100 kW
回転速度 600 min-1
発電機設備
形式 横軸回転界磁形三相同期発電機
定格 連続定格
最大出力 1,150 kVA
周波数 50 Hz 10P
年間発生電力量 5,098 MWh/年
管理者 会津宮川土地改良区
○農業用水を用いた発電について・・・本来農業用に造られた新宮川ダムの水を利用し、土地改良施設の経費軽減の目的で造られた施設である。
 →農業用水を利用した小水力発電(全国土地改良事業団体連合会HP)
鶴沼川防災ダム(宮川ダム・二岐ダム・栃沢ダム)     
     →さらに詳細(宮川ダム) →さらに詳細(二岐ダム) →さらに詳細(栃沢ダム)
鶴沼川防災ダム概要書パンフレット(PDF6.69MB)
宮川ダム 二岐ダム 栃沢ダム
ダムの形式 複合ダム(直線式重力ダムとアースダム) 均一型アースダム 中心コアアースダム
ダムの目的 農地防災(一部かんがい利用)
堤高(ダムの高さ)     42.00 m 30.00 m 23.70 m
堤長(ダムの長さ)    288.0m(重力ダム 133.0m アースダム 155.0m) 123.0m 150.0 m
常時満水位   EL 429.60 m EL 376.50 m EL 366.70 m
最低水位   EL 408.00 m EL 358.00 m EL 356.80 m
総貯水量   1,562,000 m3 844,570 m3 376,000 m3
有効貯水量   1,488,570 m3 826,570 m3 297,250 m3
ゲート 主調節ゲート 1.5m×2.0m 1門
副調節ゲート 0.7m×1.1m 1門 
主調節ゲート 1.21m×1.21m 1門
副調節ゲート 0.60m×0.40m 2門
土砂吐ゲート 1.00m×0.70m 1門
主調節ゲート 1.05m×1.05m 1門
副調節ゲート 1.15m×1.15m 1門
土砂吐ゲート 0.80m×0.80m 1門
余水吐 越流式 5.00m×3ヶ所 溢流長 横溢流側溝 80.00 m 溢流長 横溢流側溝 21.00 m
完成年 昭和37年 昭和44年 昭和45年
管理者 福島県
  宮川ダム 二岐ダム 栃沢ダム
○防災ダムとは・・・洪水期(この地区は7/1〜10/31)に洪水による河川の氾濫防止のために洪水調節を行う目的のダムをいいます。洪水調節は、ダムの流入量が洪水量に達した時、洪水による被害を減らすため、ダムへの流入量の一部を貯めて、洪水が終わったら残りを放流することで、下流の流量を調整することをいいます。(右記グラフ参照)
○鶴沼川防災ダムとは・・・宮川は、数十年前まで鶴沼川とよばれており、その上流に洪水調節を行う目的で築造された宮川ダム・二岐ダム・栃沢ダムの防災3ダムの事という。
○外部サイト・・・一般財団法人日本ダム協会HP(宮川ダム) 
○外部サイト・・・一般財団法人日本ダム協会HP(二岐ダム)
○外部サイト・・・一般財団法人日本ダム協会HP(栃沢ダム)
国営造成頭首工
 (宮川頭首工、高橋頭首工、佐賀瀬頭首工)   →さらに詳細
宮川頭首工 高橋頭首工 佐賀瀬頭首工
形式 フィックスドタイプ 可動堰(フィックスドタイプ) 可動堰(フローティングタイプ)
堤高(高さ) 2.30m 2.25m 1.00m
堤長(長さ)    27.50m
(固定部23.50m 可動部4.00m)
可動部 53.50m 可動部 16.15m
付帯施設 取水水門 3.70m×1.30m 2門
土砂吐水門  3.00m×2.30m 1門
排砂水門 2.40m×1.00m 2門
魚道 1式
左岸取水水門 2.75m×1.50m 1門
右岸取水水門 3.00m×1.50m 1門
土砂吐水門 11.00m×2.75m 2門
洪水吐水門 18.90m×2.25m 2門
魚道 1式
取水水門 2.20m×1.00m 1門
土砂吐水門 3.00m×1.50m 1門
洪水吐水門 16.15m×1.00m 1門
魚道 1式
管理者      会津美里町 会津宮川土地改良区
宮川頭首工 高橋頭首工 佐賀瀬頭首工
既設頭首工
 (三貫頭首工・佐布川頭首工・牛川頭首工・三五田頭首工・栗村頭首工・雀林頭首工)
 →さらに詳細
三貫頭首工 佐布川頭首工 牛川頭首工
形式  固定堰 可動堰(転倒ゲート) 可動堰(転倒ゲート)
堤高(高さ)    2.20m 1.50m 0.70m
堤長(長さ)    20.80m 50.90m 79.30m
最大取水量   左岸 0.158m3/s
右岸 0.010m3/s
0.226m3/s 1.7701m3/s
付帯施設   左岸取水水門 0.70m×0.70m 1門(鋼製スライドゲート)
右岸取水水門 0.90m×0.90m 1門(鋼製スライドゲート)
取水水門 1.50m×1.50m 1門
(鋼製スライドゲート)
取水水門 1.50m×0.90m 1門
(鋼製スライドゲート)
管理者      会津宮川土地改良区
  三貫頭首工 佐布川頭首工 牛川頭首工

三五田頭首工 栗村頭首工 雀林頭首工
形式  固定堰 可動堰 落差工利用  
堤高(高さ)    1.70m 1.60m
堤長(長さ)    79.30m 96.40m
最大取水量   0.511m3/s 1.169m3/s 0.169m3/s
付帯施設   取水水門 1.60m×1.20m 1門
(鋼製スライドゲート)
土砂吐水門 2.00m×1.20m 2門
魚道 階段式 幅員2.00m 長さ9.00m
取水水門 1.50m×1.10m 2門
(鋼製スライドゲート)
土砂吐水門 2.00m×1.70m 3門
(鋼製スライドゲート)
魚道 階段式
取水水門 1.00m×1.00m 1門
(木製スライドゲート)
管理者      会津宮川土地改良区
  三五田頭首工 栗村頭首工

パイプライン施設
パイプライン概要図(PDFファイル)(準備中)

1.国営パイプライン施設
 国営パイプラインは、φ1800〜φ1100、総延長21.3kmの隧道及び管水路である。

@宮川幹線用水路 支配面積2,032ha、延長17.4km(管水路16.2km、隧道1.2km)
【調整池2箇所、調圧水槽3箇所、合流工1箇所、分水工29箇所、排泥工32箇所、空気弁67箇所】
1号調整池
 宮川頭首工から取水した水を一旦貯留し、パイプ内に空気を混入させないよう、水量を調整している箇所である。ここがパイプラインの始点である。
 L=43.8m H=5.3m B=1.5m
1号調整池
2号調整池
 一旦パイプラインの水を調整池にため、水を調整するところである。
 D=42.0m H=4.05m V=4156m3
2号調整池
1号調圧水槽
 2号調整池〜3号調圧水槽の間にあり、管内の水を調整している箇所である。
 L=10.5m H=7.4m B=17.8m
1号調圧水槽
3号調圧水槽
 会津美里町にある新鶴温泉の西側にあり、宮川頭首工から取水した水と佐賀瀬川頭首工から取水した水が合流する地点である。
 L=22.0m H=6.65m B=13.9m
3号調圧水槽
4号調圧水槽
 磐越自動車道沿いにあり、国営パイプラインの末端施設である。ここから会津坂下町津尻地区までは、県営で造成したパイプラインにより分水される。
4号調圧水槽
上台分水工
 分水工の1つであり、水管理施設中央管理所で遠方から操作出来る数少ない施設である。
 最大放流量
上台分水工
給水スタンド
 分水工の1つであり、畑かん用に造られた施設です。
給水スタンド

A佐賀瀬幹線用水路 支配面積76ha(1,122ha(3号調圧水槽合流後含む))、φ1000〜φ800延長1.8km(管水路)
【分水工3箇所 排泥工2箇所 オーバーフロースタンド4箇所】
佐賀瀬幹線用水路佐賀瀬川横断工
 佐賀瀬川の河川横断箇所
 水輸送用塗覆装鋼管 逆三角ワーレントラス補鋼形式 水管橋作り
 D=800m L=35.5m
佐賀瀬幹線水管橋

B高橋右岸幹線用水路 支配面積686ha、φ1000、延長1.8km(管水路)
【分水工2箇所 空気弁3箇所】
高橋右岸幹線第3号分水工(北村分水工)
 
高橋幹線第3号分水工(北村分水工)

C高橋左岸幹線用水路 支配面積665ha、φ1500、延長0.3km(管水路)
 
 
2.県営パイプライン施設
 県営パイプラインは、φ900〜φ600、総延長9.2kmの管水路である。
【調整池1箇所、空気弁、分水工、排泥弁】
3号調整池
 磐越自動車道の南側に位置し、県営のパイプラインの始点である。
 φ=38.8m H=5m V=5,600m3 プレキャストPC構造ファームポンド
3号調整池
塔寺分水工
 国道49号の北側にあり、水管理施設中央管理所で遠方から操作出来る施設である。
塔寺分水工
津尻円筒分水工
 宮川幹線パイプラインの末端の施設である。円の中心下部より水が噴出し、各水路へ分水する。
 φ=11m(外径) H=1.3m 分水箇所4箇所 RC構造

→外部サイト(円筒分水ドットコム
円筒分水工

3.その他パイプライン施設
@宮川高田赤沢用水路  延長0.1km
A宮川新鶴長尾分水工用水路  VM管φ350 延長1.0km
B宮川新鶴大久保分水工用水路  VU管φ150 延長0.3km
C宮川坂下第8-2号用水路  VP管φ200 延長0.7km
幹線用水路
1.牛川幹線用水路
赤沢除塵機
 牛川頭首工から取水し赤沢川を横断する箇所に設置してある除塵機である。

2.栗村幹線用水路
沖放水路
 会津坂下町大字沖地区
 取水ゲート 2門
 放水ゲート 3門
 遠方操作可
逆水頭首工
 ゴム堰 1機
 取水ゲート 左岸1門 右岸1門
 遠方操作可
栗村2号堰
 ゴム堰 1機
 取水ゲート 左岸1門
 遠方操作可
水管理施設中央管理所(会津宮川土地改良区)
 『中央管理所』は、会津盆地西部に位置する地域(会津美里町・会津坂下町に展開する田畑約4,800haに農業用水の安定供給を目的とし、国営かんがい排水事業及び付帯県営かんがい排水事業によって造られた、ダム・頭首工及び揚水機場等を集中管理することで、ダムの安全監視、農業用水を監視・制御することで効率的かつ適正な供給を行うために建設されました。
 中央管理所の建設は、会津宮川土地改良区と農政局の共同工事で実施され、1階の大部分を会津宮川土地改良区が専用、2階は中央管理所として使用されています。

2F操作室
 水管理施設中央管理所2F操作室
 左側半分が、新宮川ダム管理設備     右側半分が、頭首工、パイプライン管理設備

全体図(会津宮川土地改良区) 
 ・鉄筋コンクリート2階建(延床面積634.4u)
 ・敷地面積1,908.47u
 会津宮川土地改良区事務所

ため池
   大久保ため池 大谷地ため池  大沢入ため池  鬼渡ため池 
 形式  土堰型  土堰型  土堰型  土堰型
 堤高  8m 10m  7.24m  10.75m 
 堤長  75m  123m  49m  122m
 貯水量  105,000m3 241,000m3  70,000m3  80,000m3 
 完成年(改修年)        
 所在地 会津美里町八木沢地内  会津美里町上平地内  会津坂下町大字勝大地内  会津坂下町大字勝大地内 

用水路
形式 延長 水路 備考
高橋右岸第1号用水路 開水路 2.1km(未完) 大型水路BF1000×800
高橋右岸第2号用水路 開水路 2.0km 大型水路BF1000×800
高橋左岸用水路 開水路 7.2km 大型水路1600×1100
宮川高田第1号用水路 開水路 2.0km(未完) BF800〜600
宮川高田第2号用水路 開水路 1.8km BF700〜450
宮川高田第3号用水路 開水路 0.6km BF500
牛川新堀用水路 開水路 10.1km 1500×1000 除塵機あり
三貫用水路 開水路 左岸BF700 右岸BF400
佐布川用水路 開水路 大型水路
雀林用水路 開水路 大型水路
三五田用水路 開水路 大型水路
宮川坂下第3-0号用水路 開水路 0.5km(未完) BF600
宮川坂下第6-0号用水路 0.1km
排水路
形式 延長 水路 備考
栗村排水路 開水路 4.8km 積ブロック4300×3500
出鶴沼川排水路 開水路 1.3km L型水路2500×1200
田沢川排水路 開水路 積ブロック
新屋敷排水路 開水路 2.5km 大型水路800×800〜L型水路4000×1400
揚水機
   沖ノ舘揚水機 田中揚水機  穴田揚水機   
 所在地  会津美里町藤家舘地内 会津美里町橋丸地内  会津美里町橋丸地内   

管理施設

各管理施設の概要です。