本文へスキップ
TOP総代会、理事会などの情報研修・イベント 管理施設流木の有効利用改良区広報及び様式ダウンロード 概要農業用水の多面的機能施設状況 工事情報 組織体系図 入札情報問い合わせ アクセス 賦課金水路の簡易補修リンク 水土里ネットとは 土地改良区とは環境対策・生物 宮川の水環境記念植樹
水路の簡易補修

水路の維持管理

日頃の水路の管理について
草による水路阻害

1.水路に覆いかぶさる草木の除去


 水路に覆いかぶさる草木は、水路の流れを阻害し流れを遅くする為、草刈り伐採をし、阻害しないよう心がけましょう。
高圧洗浄機による水路清掃

2.高圧洗浄器等による水路の清掃


 水路は長期間の使用で藻やゴミが付着し、流れを遅くする原因にもなります。高圧洗浄器で清掃することで製品の当初の状態にすることにより、本来の流れを取り戻すことができます。
水路のゴミ

3.ゴミを捨てない


 ゴミを流すと流れだまりにゴミがたまり、流れに影響を与えてしまいます。また、下流にいけばいくほど下流の地域に迷惑を掛けてしまいますので、絶対にゴミは捨てないでください。
水路の補修
会津宮川土地改良区が補修した特殊工法による水路補修の例
   水路補修
   高橋左岸幹線用水路で漏水防止のために施工されました。

 上記の工法については、大規模な補修に適用されるものであって、費用もそれなりに掛かってしますのが現状です。

水路の簡易補修方法
 土地改良区が直接管理する水路については、定期的に点検を行い漏水やひび割れ等について状況により補修を行っています。ただ改良区が管理している水路は全体の水路に比べれば、ほんの一部であり、各地区までの管理は水利委員会及び地区が管理するようになっています。ここでは、専門な知識がなくても補修ができる方法を紹介しますので参考にしてください。
 下記の工法は、材料もホームセンターで買え、簡単に補修できる方法を紹介します。(土地連簡易補修研修資料より抜粋) 福島県土地改良団体連合会のHPに詳しく掲載してあります。

ひび割れ補修工法

1.ひび割れ被覆工法(表面塗布工法)

目的:防水性・耐久性の向上
適用:微細(0.2mm以下)なひび割れ

           概略図
    

→特殊フィルムによる補修
 ○材料  マスキングテープ  ウレタン系シーリング材
          
 ○工程  ヘラにて均等に塗布 → 特殊フィルムを接着 → 完成
             

2.注入工法

目的:防水性・耐久性、躯体との一体化
適用:幅0.2mm〜1.0mmのひび割れ


低圧低速注入工法による補修
 (1)ゴム圧による注入    (2)圧縮空気圧による注入     (3)スプリングバネ圧による注入
     
3.充填工法

適用:幅0.5mm以上のひび割れ


(1)Uカット工法
         概略図
   

(2)目地充填工法
         概略図
    
 ○材料   シーリング材      ヘラ等
          
 ○工程  古い目地材をはつり落とす  →     充  填      →    ヘラで仕上げる
              

(3)水中パテによる補修(水がある状況でも補修可能)
 ○材料   本剤と硬化剤
        
 ○工程  本剤と硬化剤を1:1での割合で混ぜる → ひび割れ部をU字カットした後、手でパテを充填
            

(4)シートによる目地補修
 ○材料  アルミフレームとアンカー
        
 ○工程  目地にシートをかぶせる   →  シートの両側をアルミフレーム(アンカー止め)で固定
           

  

表面保護工法

1.断面修復工法

目的:劣化により元の断面を喪失した場合の修復
適用:底面、壁面


 ○材料   ポリマーセメントモルタル(ミックスタイプは水を混ぜるだけで使用可能)
        
 ○工程    プライマーを塗布  → セメントモルタルをつくる → セメントを壁面に塗る →
              
        → 養生剤を塗布
        

2.表面被覆工法

目的:鉄筋に有害な物質の侵入を遮断し、劣化進行を抑制、粗度係数を改善、耐磨耗性を改善する。


(1)有機系(塗装)表面被覆工
 ○工程   表面を清掃→プライマーを塗布→ドライネットを貼る→エポキシ樹脂とアクリルウレタンを塗布
        

(2)ポリマーセメント系表面保護工
 ○工程  高圧水で壁面を洗浄  →  プライマーを塗布  →  ポリマーセメントモルタルを壁面に塗る
              
         → 養生剤を塗布
        

(3)フィルム系表面被覆工法
 ○工程  表面を清掃、プライマーを塗布 → エポキシ樹脂接着剤を塗布 → シートを貼る
              
        → 空気を抜き密着させる
        

3.表面含浸工法

目的:コンクリート表面から内部へ浸透、含浸させることにより劣化を抑制する。


 ○材料   シラン系表面含浸剤 または  ケイ酸(シリカ)塩系表面含浸剤
        

 ○塗布前後
        


水路の簡易補修

水路の維持方法について紹介します。