本文へスキップ

会津のゆたかな水を   水恵潤大地
会津のおいしい米を皆さまへ
aizumiyakawa land improvement district

新宮川ダム発電所sinmiyakawadam a hydroelectric power station

新宮川ダム発電所の概要

 
  •  新宮川ダム発電所は、新宮川ダムが放流する落差エネルギーを有効利用し、水車を回転させて発電を行っております。
  •  新宮川ダム発電所は、ダム式完全従属式発電であり、新宮川ダムの取水塔から水圧管路(φ1100)で発電所内の水車に導水され発電が行われます。発電条件としての発電使用水量は、0.65m3/s〜2.60m3/sの範囲内と発電施設規模から決められています。発電所で発生した電力は、ダムを管理するための電力に使用し、余剰電力は電力会社に売電され、その収益を本発電所を含む土地改良施設の維持管理費に充当し、管理経費節減を図ることを目的に築造したものです。

新宮川ダム発電所の諸元

水車設備 形式 横軸単輪単流渦巻フランシス水車 Φ800運転範囲
Q= 0.65 m3/s〜 2.60 m3/s  最大水圧=96.0 m 
最大使用水量  常時使用水量
基準取水位 WL 508.00 m WL 497.00 m 
放水位 WL 453.20 m WL 452.60 m 
総落差 54.80 m 44.40 m 
有効落差 53.52 m 44.36 m 
使用水量 2.60 m3/s 0.65 m3/s 
最大出力 1,100 kW 
回転速度 600 min-1 
比速度 141mkW 
発電機設備 形式 横軸回転界磁形三相同期発電機 
定格 連続定格 
最大出力 1,150 kVA 
周波数 50 Hz 10P 
回転速度 600 min-1 
年間発生電力量 5,098 MWh/年 
発電所建屋 半地下式(鉄筋コンクリート造)
10.8m×14.0m×高さ16.9m(地下〜屋根) 
完成年 平成15年(建設期間:平成12年〜平成15年) 
上屋・土木工事 青木・フジタ・大本特定建設共同企業体 
発電機工事 株式会社クボタ 
発電所建設工事費 404,278,350円 
所在地 〒969-6200
福島県大沼郡会津美里町松坂字柿木平丁82番地
新宮川ダム発電所(新宮川ダム敷地内)
TEL 0242-55-5530(新宮川ダム管理所へ繋がります)
※施設は無人です。 
管理者 会津宮川土地改良区 

○農業用水を用いた発電について
 本来農業用に造られた新宮川ダムの水を利用し、土地改良施設の経費軽減の目的で造られた施設である。

  →農業用水を利用した小水力発電の事例(全国土地改良事業団体連合会HP)


新宮川ダム発電所の写真


水車

操作盤

変圧器

発電所建屋

新宮川ダム発電所の図面

○新宮川ダム断面図

○発電機平面図

○発電機断面図


会津宮川土地改良区

〒969-6266
福島県大沼郡会津美里町字油田1545番地

TEL:0242-54-7154
FAX:0242-54-3596
mail:
 midori-net@aizumiyakawa.jp