本文へスキップ

会津のゆたかな水を   水恵潤大地
会津のおいしい米を皆さまへ
aizumiyakawa land improvement district

視察研修、イベント等状況training,event

   研修の受付依頼について
   令和3年度 研修状況
   令和2年度 研修状況
   過去の研修状況(平成17年度〜)

研修の受付依頼について

  •  当土地改良区では、随時改良区及び管理施設について研修を受付けております。お気軽にご連絡ください。個人でも可能ですが、できるだけ団体での受付でお願いします。
  •  ○新宮川ダム研修申込書(73KB) 
     【記入例:新宮川ダム研修申込書(83KB)

     ○新宮川ダム研修申込書(23KB) 

     新宮川ダムは福島県の管理となっており、会津農林事務所管轄扱いとなりますが、上記用紙にて土地改良区に申し込みしていただいても構いません。
     福島県における新宮川ダムの施設見学サイトも併せてご確認下さい。

    ※福島県の意向により、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新宮川ダムの研修を当面の間中止とさせていただきます。
  • 土地改良区への研修申込は、次のとおりです。

     ○土地改良区研修申込書(67KB) 

     ○土地改良区研修申込書(23KB) 
  • <研修における注意事項>
    ○新宮川ダム及びその他施設などについては、上記受付様式に限らず、様式での指定はございませんので参考程度にお願いします。

    ○新宮川ダムを見学したい場合、ダム管理所までの大型バスの出入りは、バスの全長が長いため進入出来ませんのでご注意ください。ただし、ダム下流(小水力発電所)へは大型バスでも通行及び転回可能です)。詳細についてはついては福島県(新宮川ダム管理所0242-55-5530か会津農林事務所農地計画課0242-29-5334)または土地改良区(0242-54-7154)まで問い合わせください。

    ○研修を申し込まれる方は、日程に余裕を持った上で申し込みして下さい。

    ○研修を申し込まれる方については、当改良区におけるホームページ、広報、事業報告等に掲載されることを了承されたものとなります。ただし、都合により記載を望まない方は、事前に連絡していただくようお願いします。


令和3年度 研修状況

  • R3.6.16 青木あすなろ建設株式会社 【新宮川ダム】
     青木あすなろ建設(新宮川ダムを築造した会社【東北支店(仙台市)】)により、ボランティア作業によりダム下流の草の刈払い作業を行いました(毎年行われており、ダムの美化に貢献されています)。 
  •  
  

令和2年度 研修状況

  • R2.6.4 森林環境学習(新鶴小4年生) 【新宮川ダム】
      環境学習の一環で新宮川ダム並びに上流の水源について研修しました。
  • R2.6.12 森林環境学習(高田小4年生) 【新宮川ダム】
      環境学習の一環で新宮川ダム並びに上流の水源について研修しました。
  • R2.6.16 青木あすなろ建設株式会社 【新宮川ダム】
     青木あすなろ建設(新宮川ダムを築造した会社【東北支店(仙台市)】)により、ボランティア作業によりダム下流の草の刈払い作業を行いました(毎年行われており、ダムの美化に貢献されています)。
          
  • R2.9.9 八山田地域環境保存会 【梁田地区、新屋敷新田地区】
      農地中間管理機構先進地研修のために、当改良区で行っているほ場整備事業の状況を見学されました。
  • R2.10.13 森林環境学習(本郷小5年生) 【新宮川ダム】
      環境学習の一環で新宮川ダムの水源について研修しました。
  • R2.11.30 井上用水堰土地改良区 22名 【梁田地区】
      ほ場整備先進地事例研修の一環で研修しました。
      
                                                

過去の研修状況・イベント状況



会津宮川土地改良区

〒969-6266
福島県大沼郡会津美里町字油田1545番地

TEL:0242-54-7154
FAX:0242-54-3596
mail:
 midori-net@aizumiyakawa.jp