本文へスキップ
二岐ダム
二岐ダムの概要

 佐賀瀬川は、ダムサイトの南方7kmの明神嶽(1,074m)に源を発し、多数の支渓を合せて北東に流れ、ダムサイトに至り、更に下流3km付近で平坦地に入る。この流路延長約15kmで河床勾配は1/40〜1/100で屈曲が甚だしい。 

 ダムサイトの地形は、両岸とも急傾斜し、左岸は40°〜60°に達する。岩盤は比較的浅く県道及び河川沿いにその露出が見られる。この地質構造は、上層は河床堆積物(砂礫層)第2層は、頁岩、砂岩の互層で有機物(亜炭、埋木)を含有している。岩盤は新第3紀層に属し、軟岩で細かい亀裂が発達し、特に頁岩は浸水あるいは空気にさらされると非常に風化しやすく、風化物はシルトサンドあるいは砂質粘土となる。左岸台地は厚さ7.00〜8.00mの段丘礫層をしており、中腹に厚さ5.00〜6.00mのシルトサンドの洪積層が存在している。
二岐ダム諸元
一般 河川名 1級河川 阿賀野川水系佐賀瀬川
ダムの目的 農地防災(一部かんがい利用)
位置 (佐賀瀬川左岸)福島県大沼郡会津美里町佐賀瀬川国有林13林班
(佐賀瀬川右岸)福島県大沼郡会津美里町佐賀瀬川字上小森山4545番地先
基礎地盤 負岩
ダム形式 均一型アースダム
ダムの高さ 30m
ダムの長さ 123m
堤長幅 8.3m
ダム天端標高 EL379.90m
堤体積 216706m3
内法 1:3.3
外法 1:2.6〜1:2.8
貯水池 かんがい面積 196ha
流域面積 直接流域 15.48km2
満水面積 0.079km2
総貯水量 844,550m3
有効貯水量 826,850m3
計画堆砂量 17,700m3
設計洪水位 EL377.63m
常時満水位 EL376.50m
最低水位 EL358.00m
設計洪水量 191.01m3/s
洪水量 20.0m3/s
計画洪水量 159.18m3/s
調整流量 133.84m3/s
余水吐 形式 溢流長 横溢流側溝
越流堰長 80.0m
ゲート 非調節型(ゲートレス)
調節設備 型式 斜樋式鋼製スルースゲート
放水口 主調節孔 1.21×1.21m 1門(最大放流量 25.34m3/s)
副調節孔 0.60×0.40m 2門
土砂吐孔 1.00×0.70m 1門
製作 滑ロ島アクアシステム
堤体内その他施設 放流隧道 馬蹄形トンネル型
隧道 381.50m
開渠 38.00m
附帯設備 ダム敷地内 ダム観測設備(気象・水象)
ダム敷地外 ダム上流 測水所1ヶ所
ダム上流 送信所1ヶ所(雨量計)
無線中継局1箇所
かんがい期間 5/17〜6/20  用水補給量:0.166m3/s(510,000m3
洪水期 7/1〜10/31 洪水調節量:826,850m3
事業費 708,009,000円
完成年 昭和44年(建設期間:昭和36年〜昭和44年)
ダムの所在地 〒969-6404
福島県大沼郡会津美里町佐賀瀬川字上小森山3497番地
福島県二岐ダム管理事務所
TEL 0242-78-2079
管理者 福島県
二岐ダム施設写真
○ダム本体

二岐ダム上流
   二岐ダム上流


二岐ダム下流面
   二岐ダム下流面

   余水吐
       余水吐
○放流設備
   二岐ダム斜樋ゲート
    二岐ダム斜樋ゲート 


ゲート操作盤
  二岐ダムゲート操作盤
○管理事務所

福島県二岐ダム管理事務所
   二岐ダム管理事務所
二岐ダム図面
○二岐ダム平面図
二岐ダム一般平面図
○二岐ダム堤体横断面図
二岐ダム堤体横断面図
○二岐ダム堤体縦断面図


二岐ダム堤体縦断面図

二岐ダム

二岐ダムの詳細について